自分で白髪染め

顔を洗う女性

市販の白髪染めについて

30代後半辺りになってくると、徐々に白髪が目立ち始めてきます。美容院で染めるのもお金がかかりますから、ドラッグストアなどで手軽に買えるセルフで使える市販の白髪染めを使っている方もたくさんいらっしゃいます。だれでも手軽に染めることができて、むらなくきれいに染まるように、強い薬剤が使われています。髪の毛のキューティクルを開いていったん脱色し、その後染料で髪に色を入れていきます。髪の内部までしっかりと染まって色持ちも良いのですが、頭皮と髪に大きなダメージを与えてしまいます。また、薬剤や染料に含まれている化学物質でかぶれたり赤みがでたり、頭皮がピリピリしたりなど、肌トラブルを起こす場合も多いのです。安全性の高い白髪染めを使いたいなら、無添加タイプの白髪染めを使用するのが良いでしょう。

無添加タイプの特徴について

美容院で毎回白髪染めをするのはお金がかかるし、市販の白髪染めは髪や頭皮が傷んでしまうと悩んでいるなら、無添加タイプの白髪染めを使ってみましょう。無添加タイプは天然の植物成分でカラーリングするため、髪や頭皮に影響を与える化学物質などが使われていません。また、髪の内部にまで色を付けないため、髪の傷みを防いでトリートメント効果がハリやコシ、つやを与えてくれます。市販のもののように一回染めたら終わりではなく、複数回トリートメント感覚で使うことにより、徐々に色が染まっていきます。髪や頭皮に優しいというのが大きなメリットで、加齢による髪のパサつきやボリューム不足を感じてる方には、無添加タイプがおすすめです。肌の弱い方でも安心して使うことができて、安全性が高いので妊婦でも大丈夫な種類もあります。